森の家工務店 暖住空間    徳島県で、冬暖かく、夏涼しい、家づくりを提案している断熱工務店です。

                        

夏の暑さ対策  
(燃費半分で暮らす家)
南の地域では、東北、北海道より夏の日射熱の侵入をできるだけ少なくする必要があります。特に西に面した窓、壁は長時間日射を受けます。窓は極力小さくした方が室内に侵入する日射熱を抑えれます。敷地条件の関係で西の面に玄関、居室ができる場合、大きな窓でも、小さな窓でも方位にあった性能の良いガラス、サッシを工夫して設置します。降り注ぐ陽光の侵入を遮る対策もしましょう。そうすることで電気使用量の低減に効果を発揮します。体感ストレスが少なくなります。  
                             
          (冬はしっかり日射熱を多く入れます。)




夏の暑さ対策 (燃費半分の家) 徳島の夏は暑いです!!   快適に暮らす工夫

冬は窓から太陽熱を多く入れる。夏は窓から流入する熱を遮る、どのような方法で日射遮蔽するか、

日差しをコントロールする、シェード、ルーバー、サンブレロなどの方法があります。

すべて壁にすればいいのですがそれはできません。北も、東も窓は必要です。

南面は冬の日射熱を多く入れるため大きな開口が欲しい、夏は日射時間の長い西面の窓は最小限にしたいです。

流入する熱を遮れば、室内温度の上昇を抑えエアコンの電気使用量も少なくできます。

帰宅後、一階二階の窓を開けて熱を外に出しエアコンをONにする方法

また、エアコンを連続運転する方法、これは断熱気密の性能が良くないといけません。

そしてもっと大切なことは、施工技術が高くないと効果を発揮しません

森の家体感ハウスは後者です、冷房の温度設定は27℃、全室冷房しています。

朝スイッチON、帰宅時玄関ドアを開けた瞬間から体感できます。

帰宅後その日の体感温度で設定温度を上下しています。

全室冷房、高性能住宅なので電気料金も低く抑えられます。

冬の寒さ、過乾燥などの体感ストレスはほとんどありません、快適です。

南の地域は、夏の暑さの対策が必要です。



   

TOP